nanacoモバイルの機種変更・残高引継の方法|引継番号を忘れないように!

セブンイレブンをはじめとして、セブンアンドアイホールディングスのお店でお得な電子マネーと言えば、nanacoですよね。
支払いのたびにポイントが付くため、現金で支払うよりもずっとお得に買い物ができます。

そのnanacoですが、カードタイプの他に、おサイフケータイで利用できるnanacoモバイルというタイプがあります。
財布を持たずとも、nanacoモバイルに対応したスマートフォンを持っていくだけで買い物ができるので非常に便利です。

皆さんの中にも、おサイフケータイでnanacoモバイルを利用している方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も、スマートフォンでnanacoモバイルを愛用しています。

ところでこのnanacoモバイルですが、スマートフォンを買い替えた時、どのようにして残高を引き継げばいいかご存知でしょうか?
今回の記事ではnanacoモバイルの機種変更手続きについて、私の備忘録を兼ねて、解説してみました。

<スポンサーリンク>


旧端末で行うこと


まずは機種変更を行う前に、変更前の旧端末で行っておくことについて見ていきます。
端末を操作し、nanacoモバイルのアプリを立ち上げましょう。

nanaco1

nanacoモバイルのアプリが立ち上がったら、画面右下の「機種変更」をタップします。

nanaco2

そうすると「会員メニュー用パスワード」の入力を求められるので、これを入力して「次へ」をタップします。

nanaco3

「次へ」をタップすると、機種変更後の端末でnanacoの残高を引き継ぐために必要な「引継番号」の発行画面へと移ります。
「引継番号発行開始」をタップして次の画面へと進みます。

nanaco4

9桁の「引継番号」が発行されます。
この番号を忘れてしまうと大変ですので、しっかりメモをとるなりしておきましょう。

旧端末で行う操作は、以上で完了です。

新端末で行うこと


ここからは新しく使用する新端末で操作を行っていきます。
まずはnanacoモバイルのアプリをダウンロードして立ち上げます。

nanaco5

初めてアプリを立ち上げた場合は、上のような画面になります。
ここでは「機種変更手続き」をタップして先に進んでいきます。

nanaco6

次の画面では「引継番号入力へ」をタップします。

nanaco7

「引継番号」の入力が求められるので、旧端末で発行した9桁の番号を入力します。
「引継番号」「会員メニュー用パスワード」を入力したら、「次へ」をタップします。

nanaco8

次の画面で「機種変更手続きを開始」をタップするとnanacoの引継がスタートします。

nanaco9

機種変更手続きが完了すると、メニュー画面が表示されます。
電子マネーの残高が引き継がれていたら、機種変更手続きは完了です。

なお細かい点ですが、機種変更手続きを行うと16桁のnanaco番号が変わります。
今回の機種変更でも、旧端末では ~7808 となっていましたが、新端末では ~6321 となっています。

<スポンサーリンク>


大事なのは「引継番号」を忘れないこと


nanacoモバイルの機種変更手続きは、以上に述べた通りになります。
手順に従って操作を行えば、それほど難しい作業ではありません。

ただし、「引継番号」を忘れてしまうと困ったことになります。

実は私も、過去に「引継番号」を忘れてしまったことがあり、大慌てになったことがあります。
コールセンターに電話をしたところ対応してもらえましたが、本人確認が必要であったりと、時間と手間がかかりました。

やはり、nanacoモバイルの機種変更では、「引継番号」を確実に記録しておくことが大切なポイントになります。
メモをとるのもいいですが、旧端末でスクリーンショットを保存しておくというのも有効な方法だと思いますね。

今回はnanacoモバイルの機種変更手続きについて解説してみました。
この記事が、少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク